iPhoneでMax

はい、この通り。MSPの音響処理も、Jitterの映像処理も動きます。ちょっと反応は遅いですけどね。もちろん、合成じゃありませんよ。

iphone-vnc.jpg

ってのはウソじゃないけど、よくあるジョークの類いなのでダマされないでください。iPhoneでVNC、MacでVNSを動かしてMaxを起動しているだけです。

iPhoneではInstaller.appからVNseaをインストール、MacではOSXvnc改めVine Server for OS Xをインストールね。当たり前の話ですが、MaxだけでなくSuperColliderもPhotoshopも、iPhoneで操作できます。ただ、キーボード入力はまだサポートされていません。

これが瞬間的に動作してくれれば、aka.iphone系を作る必要はないわけですけどね。実際には、かなり遅いので、VNC/VNSでの演奏は無理っぽいです。まぁ、タイミングがシビアではない用途で、あなたが気の長い人なら使えると思います。

【追記】Tiger(Mac OS X 10.4)やLeopard(Mac OS X 10.5)では、システムに標準でVNC機能が備わっていました。つまり、これらのOSを使っている場合は、Vine Server for OS Xをインストールする必要はありません。ココココを参考にしてください。

1 thought on “iPhoneでMax

  1. ピンバック: Leopardの画面共有 « akalogue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.