ピュアなデータをiOSで

Maxの実父と言うか異母兄弟と言うか良く分からないですが(笑)、Pd (Pure Data) はMaxに似たビジュアル・プログラミング環境。MaxとPdは同じとも言えるし、全然違うとも言える、なかなか奇怪な関係にあります。詳しくは面倒なので省略。パッチと呼ばれるグラフィカルなプログラムはこんな感じ。

pd

それで、このPdをiOSで動かそうというプロジェクトがPd for iOS。以前はRjDjがPdベースってことで少々話題になりましたが、その一般化が進んでいるようです。ただし、現時点ではアルファ版なので、いろいろバギーだったりします。

Xcode 4でPd for iOSを試すには、次のような手順になります。

  • Xcodeを起動し、Organizerを開き、Repositoriesを選ぶ。
  • 左下の+ボタンをクリックし、Add Repository…を選ぶ。
  • Nameは Pd for iOS、Locationは git://gitorious.org/pdlib/pd-for-ios.git と入力し、Addボタンをクリック。
  • 左側のリストの Pd for iOS を選択し、Cloneボタンをクリックして、クローンを作る。

これでpd-for-iosというフォルダが作られますが、もう少し作業をする必要があります。これはREADME.txtに説明されている通りです。

  • ターミナルを起動する。
  • cdコマンドでpd-for-iosフォルダに移動する。
  • 次の4つのコマンドを実行する。
    • git submodule init
    • git submodule update
    • git pull
    • git submodule update

これでPd for iOSのインストールは完了。後はPdTest01やPdTest02などのサンプルを試してみてください。まぁ音が鳴ったり、鳴らなかったりしても文句を言う筋合いじゃないですね。Pdはオープンソースのフリーウェアであり、伝統的に自己責任&自己解決が原則ですから。

個人的にこの手の試みで興味があるのはGUIの扱いなのですが、Pd for iOSはInterface Builderを使ってGUIアイテムを貼付ける正攻法。そして、アクションやアウトレットを定義して、専用のメソッドでPdのrecieveオブジェクトに送り込みます。なんだか豪快な感じもしますね。

pd-for-ios

2 thoughts on “ピュアなデータをiOSで

  1. ピンバック: 音系ブックマーク(2011/3/21-3/28) | Doublethink:2

  2. ピンバック: iOSアプリの開発方法 « corelab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.