Okeanos Buoys

Exhibition

“Okeanos Buoys” was shown at:
The exhibition “INDAF2010
Period: September 1st – September 30th, 2010
Place: Tomorrow City (Incheon, Korea)
Produced by Masayuki Akamatsu
Curated by Suhjung Hur
Cooperated with Hyunjung Woo, Byeonwon Ha, Yusuke Kawabata, Junpei Wada (soneru), Yutaka Kitamura (soneru/rudesign), Ikeda Industries Co.,Ltd., Kei Shiratori

okeanosbuoys-0_s

okeanosbuoys-1_s

okeanosbuoys-2_s

okeanosbuoys-3_s

okeanosbuoys-4_s

Concert

“Okeanos Play” is a concert version of “Okeanos Buoys” and was performed at:
The concert “INDAF2010 Opening Performance”
Date: September 2nd, 2010
Place: Tomorrow City (Incheon, Korea)
Performed by Masayuki Akamatsu and the audience

okeanosplay-0_s

okeanosplay-1_s

okeanosplay-2_s

okeanosplay-3_s

okeanosplay-4_s

Application

okeanos-application-icon

You can download and play an iPhone application “Okeanos” at the App Store, which was used at the exhibition/concert.

okeanos-on-iphone_s

System

Okeanos Buoys consists of:
iPhone Application (“Okeanos“), Server Application,
iPhone x 40, Wi-Fi router, High-speed Internet Connection, Application Server (Google App Engine),
iPhone Hanging Structure (Acrylic acid resin holder, Steel weight, Nylon string, Screw Hook) x 40

iphone-hanging-set_s

iPhone Hanging Set (3 sets)

iphone-hanging

iPhone Hanging Structure (PDF)

okeanos-buoys-network-diagram

Network Diagram (PDF)

Artist’s Statement

Okeanos Buoys ~ One Billion of Lights and Sounds
Masayuki Akamatsu

Okeanos (or Oceanus) was the God of Ocean in Greek mythology and was personified as an ocean stream.  In the mythology, the world was believed to be a large disk and continents were surrounded by the sea where Okeanos, a stream of ocean, moved around.  A buoy is a marker or a tool which is floating on the water.  It can be a small tool for a fishing or a big construction to anchor a ship.  It must not be only fixed at a certain point but can also drift for an investigation of a stream.

As being associated with those meanings, this artwork “Okeanos Buoys” is designed as a marker, a beacon or an observatory for the world surrounding us today.  To be brief, Okeanos in this work is an electronic information network and Buoys are electronic devices as nodes of the network.  The network and the nodes are just a convenient mechanism we can use easily, but they reflect our view of the world and the ideal method of our society.

There will be numerous small devices which send lights and sounds in a dark exhibition venue.  They are sensing circumstances around them and sending informations to the other devices through the network.  Each device decides its action regarding the information it is carrying in relation to the information of the other devices.  They will always cause a new output because the network is open and they are taking and releasing a new information.

In addition, the network is connected to the internet and communicates with computers/devices all over the world.  And the device being used in Okeanos Buoys is a very common daily device and the software can be installed by downloading online.  Thus this work can be executed not only by the author but also by the audience.  It is not limited to a specific exhibition venue and can be expanded to the whole wold.

Such a kind of art form is causing various difficulties and problems.  For example, this work is far beyond an traditional sense of values concerning the point of the originality of an artwork, the rule of an author, the speciality of an exhibition, the recognition through an audience and so on.  We don’t have to mind conventional values but we have to find new alternatives.  Because this work is reflecting strongly our mobile internet society today and we are asked for a new feeling and a new interaction in a new world.

One of the reasons why I am fascinated by the possibilities of mobile devices is that they are in contact with our bodies physically and sensually.  They are, so to speak, our internal combustion engine.  A mobile artwork reaches the audience directly, and even more, it becomes one with the audience.  The interaction between artworks is exactly our communication.  This could be a big advantage against traditional equipments such as a television and a computer.

Moreover, giving full play to our imaginations, it’s possible for a billion devices in the world to produce lights and sounds communicating with each other.   No one has experienced such a large scale audio visual phenomena but it’s completely possible now.  That is to say, Okeanos Buoys is the first beacon and observatory to realize a billion of lights and sounds.

オケアノスのブイ 〜 10億の光と音
赤松正行

Ocean(大洋)の語源であるOkeanosはギリシア神話に登場する海神であり、特に外洋の海流を神格化したものである。ギリシア神話の世界観では世界は円盤状になっており、大陸の周りを海が取り囲み、海流=オーケアノスがぐるぐると回っているとされていた(Wikipedia)。一方、ブイは水面に浮かべる目印や固定具であり、釣りに用いられる小型の道具もあれば、船舶を繋いで停泊させる大型の建造物もある。また、特定の場所に固定するだけでなく、海流の調査などのために漂流させることもある。

このような言葉の意味から連想されるように、本作「Okeanos Buoys」は、私たちを取り巻く世界に穿たれた標識や投光器、あるいは観測装置として構想された。端的に言えば、この作品におけるOkeanosとは電子情報ネットワークであり、Buoyとはネットワークのノードである電子デバイスである。もちろん、電子的なネットワークやノードは手軽に利用できる便利な仕組みに過ぎないが、これらは実際には我々の世界観や社会の在り方を反映している。

暗闇に近い展示会場では、光と音を放つ小さなモバイル・デバイスがいくつも点在している。これらは周囲の状況をセンシングしており、その情報はネットワークを通じて他のデバイスに送られる。それぞれのデバイスは自らの情報と他からの情報に基づいて動作を決定し、常に新たな変化を引き起こすことになる。このネットワークは開放系であり、次々と新しい情報を取り込み、放出するからだ。

また、このネットワークはインターネットに繋がっており、世界中のコンピュータやデバイスと情報を遣り取りすることができる。さらに、Okeanos Buoysで用いるデバイスはありふれた日常品であり、そのソフトウェアはオンラインで入手してインストールすることができる。つまり、この作品は作家だけではなく、観客によっても実行可能であり、特定の展覧会場に限定されず、全世界へと作品を拡張することができる。

このような作品形態は、さまざまな困難と問題を引き起こす。例えば、作品の独自性、作家の支配性、会場の特異性、観客の認知性、といった点において、この作品は伝統的な価値観から遠く離れてしまう。因習的な価値を気にする必要はないが、しかし、それに代わる何かを見い出さねばならない。それは、この作品は現在のモバイル・インターネット社会を強く反映したものであり、その世界での新しい感性と行動が問われているからに他ならない。

私がモバイル・デバイスの可能性に魅了される理由のひとつは、それらが物理的にも感覚的にも身体に接触しているからだ。つまり、それらは私たちの内燃機関だと言える。モバイル作品は直接的に観客に届けられ、彼らの存在の一部として享受される。その相互作用は私たちのコミュニケーションに他ならない。テレビやコンピュータのような従来の機器に対して、これは大きな利点に成り得るだろう。

さらに、想像をたくましくすれば、例えば10億台のデバイスが相互に情報交換しながら、世界中で光を放ち、音を奏でることも可能だ。そのような大規模な映像的かつ音響的な現象は誰も体験したことはないだろうが、それは今や実現可能である。言い換えれば、Okeanos Buoysは10億個の光と音に向けて設置される最初の標識であり、それを探るための観測装置であろうとしている。

Articles

WebマガジンAMeeTオケアノスにブイを放って」by 赤松正行

Prototype

dsc_0041_s

dsc_0069_s

dsc_0083_s

dsc_0116_s

Pictures by Leo Kikuchi

Okeanos Buoys」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 9/1〜9/30はインチョンで展覧会 « akalogue

  2. ピンバック: オケアノスにブイは放たれたか? « akalogue

  3. ピンバック: 小さな作曲家の物語 « akalogue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.