2月9日から渋谷で展覧会

2月9日より17日まで渋谷で「ウロボロスのトーチ+ARART」展を行います。この展覧会では昨年夏に札幌で展示してご好評をいただいた2つのAR系展覧会を合わせてご覧頂けます。ARといっても飛び出す絵本系の拡張現実(Augmented Reality)ではなく、目の前の現実が変化する変容現実(Alternated Reality)として考えています。それぞれ従前の「ウロボロスのトーチ」と「ARART」から進化していますので、ご都合がつきましたら是非ご覧になってください。会場もタワーレコード渋谷店の向いのパリミキさんなので、交通至便かと存じます。

Uroboros-Shibuya-Panel

ポストカード

「ウロボロスのトーチ+ARART」展は、絵画をiPhoneを通して見る展覧会です。8枚の連作絵画によって人為と無為の拮抗を描く「ウロボロスのトーチ」と、新しい拡張現実システムARARTの多様な可能性を示すオムニバス作品の数々。国内外で高い評価を得ている本展覧会は、今回新たにEP-4の佐藤薫氏らの特別参加を得て、さらに拡充されます。動かないものが動きだし、見えないものが見えてくる不思議な体験をお楽しみください。

ウロボロスのトーチ+ARART展覧会
 会期:2013年2月9日(土)~2月17日(日)11:00~21:00
 会場:パリミキ渋谷店(東京都渋谷区神南1丁目21-1 日本生命ビル1F)
    JR山手線渋谷駅ハチ公出口から公園通り徒歩5分タワーレコード前
入場料:無料

また、会期前日にあたる2月8日は、ささやかなレセプション・パーティを行います。ゲストはAR Commonsでもご一緒した岩渕潤子さんと、今回ウロボロスのトーチの音源を制作していただいた佐藤薫さん。3人でARを巡るアートや音楽のトークを予定しています。こちらもご参加いただければ幸いです。

ウロボロスのトーチ+ARART展覧会レセプション・パーティ
 日時:2013年2月8日(金)18:00~20:00
ゲスト:岩渕潤子(アグロスパシア編集長)
    佐藤薫(EP-4)
入場料:無料

2月9日から渋谷で展覧会」への1件のフィードバック

  1. 熊谷弘美

    本日友人を誘ってお邪魔したところ、赤松先生がいらしてビックリしました!
    眼鏡を選ばれている所をお願いしてお写真まで、撮って戴き、有難うございます。
    展示はまだまだ可能性や、空想の広がる楽しいモノ
    凄ーい発明だと思いました。
    次回の発表も楽しみです。
    それにしても、先生はどの眼鏡を選ばれたのか。それも次回の楽しみです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.