Appleへの公開書簡、オラたちにAPIを!

Ori Inbar氏の呼びかけで、Appleへ公開書簡「Open Letter to Apple: Let us Augment Reality with the iPhone!」が送られました。頓智・他AR関係者10余名の共同署名。iPhone用のARアプリケーションのためにカメラAPI(特にライブ・ビデオ・ストリーム関連)を公開して欲しい!というのが趣旨ですね。

openletter-ar

よく知られているように、iPhone SDKではiPhone OSのすべての機能が使えるわけではありません。おもだったところだけでも、バックグラウンド動作、スプリングボード(ホーム画面)、携帯電話機能、グローバルなファイル操作などはAPIが公開されていません。VoiceOver(スピーチ合成)やVoice Control(スピーチ認識)もダメですね。

Appleの言い分としては、セキュリティや安定動作を保障するために公開APIの範囲でアプリケーションを作ってね、ってことでしょうけど、それでは納得できない人たちも沢山(?)いるわけです。私もリジェクトされたアプリケーションを何個も作ってますから(笑)。

考えてみれば、初代iPhone発売当初はネイティブ・アプリケーションの開発自体がNOだったところを、幾多の要望が寄せられた結果としてiPhone SDKとApp Storeが提供されました。だから、今回の動きも無駄には終わらないと期待したいところです。それに、このような拮抗関係こそが、発展の原動力になると思いますよ。

3 thoughts on “Appleへの公開書簡、オラたちにAPIを!

  1. h

    snappyのOS3.0、または3GSへの対応は難しいのでしょうか?
    対応版を心待ちにしているのですが……

    返信
  2. Masayuki Akamatsu 投稿作成者

    ありがとうございます。OS3.0も3GSも対応自体はできているのですが、承認がいつになることやら….

    返信
  3. ピンバック: スタジオジブリの謝罪文に半端ない気迫を感じると思ったら、、、 iPhone / iPod touch な朝刊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.