アップルはモバイルARの夢を見るか?

「アンドロイドは〜」のほうが収まりは良いけど、ここはアップルです、Apple Inc.です。と言うのも、AppleがAR(拡張現実)界のリーディング・カンパニーのひとつMetaioを買収したから。すでにMetaio社のWEBサイトでは製品の販売や関連する情報は取り下げられている。これまでARには正面切って取り組んでいなかったAppleが、Metaioを得て何をするのか、興味津々です。

Metaio Web Site

ここ数ヶ月を振り返ってみると、Googleは謎に包まれたARスタートアップMagic Leap社に巨額出資を行い、Microsoftは自社開発のARゴーグルHoloLensを発表したよね。Facebookに買収されたHMDの革新者Oculus社も、さらにSurreal Vision社を買収してARに接近中。といったようにIT界の主要プレーヤがARを重要視していることが分かる。そこへAppleも参入するというわけ。

未知数のMagic Leapはさて置くとしても、HoloLensもOculusも頭部に装着するディスプレイが主役。対するMetaioはあくまでもスマートフォンで動作するソフトウェアでしかない。順当に考えれば、Appleが取り込もうとしているのは、その延長線上にあり、いわゆるモバイルAR、つまりセカイカメラARARTがOSレベルでサポートされることになる。数年間の苦節(笑)を経て、モバイルARが桧舞台に躍り出るや否や、これは楽しみですね。

Appleはもっとも革新的なITカンパニーと評されるほど未来志向だけど、その未来は安っぽいSF映画に描かれるようなキラキラのハイテクじゃない。それは日常生活に違和感なく溶け込み、歴史や文化に支えられ、ある意味で古典的(Classic)ですらあるような未来だと思う。それを端的に表すのがCMフィルムで、来年あたりには何気ない日常生活の場面場面でiPhoneをかざす様子が描かれているかもしれない。あるはメガネかもしれない。それはモバイルARの最後の1マイルね。

Apple Watch TV Film

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.